イメージ画像

生命保険相談や見直しで
失敗しないために
お役に立てば幸いです。

保険相談の前に理解したい保険料の負担を軽くする方法

家計の負担を軽くしたいと思われるのはどこのご家庭も同じで、生命保険相談の中でも少なくないテーマです。「保険料の負担を軽くしたい」と思われる場合、その方法にはどんなものがあるのか知っておく必要があります。

月払いの保険料負担を軽くしたい

方法として考えられること

  • 保険料の払い込む期間を長くする
  • 掛け捨て商品を選択する
  • 必要以上の保障額にしない
  • 目的に合った保険商品を選ぶ

総払込保険料の負担を軽くしたい

方法として考えられること

  • 保険料の払い方む期間を短くする
  • 保険商品の貯蓄性を確認する
  • 必要以上の保障額にしない
  • 目的に合った保険商品を選ぶ
  • 保険料の払い方を変える
    • 月払いを半年払いや年払いに変える
    • 全納や一時払いにする

月払いと総払込保険料の負担を軽くしたい

方法として考えられること

  • 掛け捨ての商品の場合、保障内容、保険料払込期間が同じ場合、月払い保険料の安い方が保険料トータルの負担は軽くなります。
  • 貯蓄性のある商品の場合、保障内容、保険料払込期間が同じであれば貯蓄率を確認する。
    ※貯蓄率が違うと、月払いの保険料が安い=保険料トータルの負担が軽いとは限りません。
  • 必要以上の保障額にしない。
  • 目的に合った保険商品を選ぶ。

※同じ保障内容であれば保険料の払込期間が短くなると貯蓄性は高くなりますが、月払いの保険料としては高くなります。いろんなパターンで検討し自分にあった物を選ぶことが大切です。

面倒でも生命保険相談は複数のところで行いましょう。

このページの先頭へ