イメージ画像

生命保険相談や見直しで
失敗しないために
お役に立てば幸いです。

ソニー生命の学資保険は返戻率が高い?

ソニー生命の学資保険は返戻率が高いことで有名ですが、それには理由があります。企業努力もその要因の一つであると考えられますが、下記のフローチャートをご覧いただくとお分かりいただけます。ソニー生命の学資保険は育英年金なし、お子様の入院保障なしのAタイプに属します。

なぜ返戻率が違うのか?

A~Dタイプの中で一番貯蓄性が高いのはAタイプになります。Aタイプには入院保障も育英年金も付加されていません。例えば学資保険に育英年金が付加される場合、それは契約者(例お父さん)の死亡保障となりますので、その保障を得るためには相応の保険料が必要になります。入院保障についても同じことが言えるわけです。

例えば、お父さんに適正な死亡保障(生命保険加入等)があれば育英年金を付加して貯蓄率を悪くさせる必要はないのです。 ※ソニー生命学資保険へ育英年金を特約で付加することはできません。

ソニー生命より返礼率の高い学資保険

学資保険の正しい比較

例えば、ソニー生命と他社の学資保険とを比較する場合、同じ条件で比較する必要があります。育英年金が付加されている他社商品とソニー生命を比較して「貯蓄率が高いからソニー生命に決めた」では適正な比較になっていません。また、返礼率だけで比較せず学資金を受け取る時期(年齢)がどうなのか等他の要因も確認した保険商品選びをお勧めします。完全に同じ条件で比較することができないかもしれませんが、比較方法として理解しておきましょう。

学資保険の返礼率(貯蓄率)は保障内容保険会社学資金受取方法お子様の加入年齢保険料払い込み期間等にて変わってきます。なぜそうなるのか基本的なことを理解しておきましょう。

お子様の入院保障が必要な方は

お子様の入院保障を得るために学資保険へ特約として付加する方法もありますが、他にも下記の方法があります。 ※ソニー生命学資保険へ入院保障を特約で付加することはできません。

  • 親御さんの保険へ特約で付加する。
  • 主契約の医療保険(共済)へ加入する。
  • 主契約の医療保険(保険会社)へ加入する。

学資保険を保障内容で選ぶ

学資保険の選び方フロー
  • 育英年金とは:学資保険加入中に契約者に万が一の事が発生した場合、育英費用として年金が受け取れるというもので、契約者に万が一の事が発生した場合の保険料払込免除とは異なります。
  • 入院保障とは:学資保険加入中にお子様に発生した病気やケガでの入院や手術に関する保障です。

学資保険の比較

保険会社による違い、学資金受取時期による違いを確認するために一部の学資保険を比較してみました。(平成27年5月時点での比較)

ソニー生命と日本生命の比較

  • ソニー生命(5年ごと利差配当付学資保険)
  • ニッセイ学資保険(こども祝金なし型)
  • ご契約者:加入年齢30歳(1985年5月3日生まれ・男性)
  • お子さま:加入年齢1歳(2014年5月3日生まれ・男性)
  • 保険料払込期間:18歳
  • 学資保険受取総額:300万円
保険会社保険料支払保険料総額学資金受取年齢と金額(万円)返礼率
18歳19歳20歳21歳22歳
ソニー生命13650円2784600円300107.7%
日本生命13450円2743800円10050505050109.3%

学資保険受取り時期の違いで選ぶ

学資金受取時期の違う一部の学資保険を比較してみました。

フコク生命

  • フコク生命(学資保険みらいのつばさ ジャンプ型)
  • ご契約者:加入年齢30歳(1985年5月3日生まれ・男性)
  • お子さま:加入年齢1歳(2014年5月3日生まれ・男性)
  • 保険料払込期間:17歳
  • 学資保険受取総額:200万円
保険会社保険料支払保険料総額学資金受取時期と金額(万円)返礼率
18歳
(大学入学祝金)
22歳
(満期保険金)
フコク生命9534円1830528円100100109.2%

アフラック

  • アメリカンファミリー生命(アフラックの夢みるこどもの付学資保険)
  • ご契約者:加入年齢30歳(1985年5月3日生まれ・男性)
  • お子さま:加入年齢1歳(2014年5月3日生まれ・男性)
  • 保険料払込期間:18歳
  • 学資保険受取総額:300万円
保険会社保険料支払保険料総額学資金受取時期と金額(万円)返礼率
高校入学時大学入学時大学
2年
大学
3年
大学
4年
アメリカンファミリー生命14040円2864160円50100505050104.7%

加入年齢による返礼率の違い

学資保険へ加入する際のお子様の加入年齢の違いによる返礼率の違いをソニー生命で比較してみました。(平成27年5月時点での比較)

ソニー生命(5年ごと利差配当付学資保険)

  • ご契約者:加入年齢30歳(1985年5月3日生まれ・男性)
  • お子さま:加入年齢0歳(2014年5月3日生まれ・男性)~5歳(2010年5月3日生まれ)
  • 保険料払込期間:18歳
  • 学資保険受取総額:300万円
加入年齢0歳1歳2歳3歳4歳5歳
保険料12720円13650円14730円15930円17310円18930円
払込総額2747520円2784600円2828160円2867400円2908080円2953080円
返礼率109.1%107.7%106.0%104.6%103.1%101.5%

保険料払込期間の違いによる返礼率の違い

学資保険の保険料払込期間の違いによる返礼率の違いを日本生命で比較してみました。(平成27年5月時点での比較)

ニッセイ学資保険(こども祝金なし型)

  • ご契約者:加入年齢30歳(1985年5月3日生まれ・男性)
  • お子さま:加入年齢1歳(2014年5月3日生まれ・男性)
  • 保険料払込期間:18歳、5年、10年
  • 学資保険受取総額:300万円
保険料払込期間18歳5年10年
保険料13450円42700円21900円
払込総額2743800円2562000円2628000円
返礼率109.3%117.0%114.1%

学資保険のメリット・デメリット

お子様の教育資金等を準備するには、学資保険を活用する方法の他に預貯金等にて積み立てる方法もあります。両者を比較した場合の大きな違いは、契約者(例お父さん)に万が一の事が発生した場合、学資保険には保険料の払込免除という制度がありますので、それ以降の保険料の払込が免除され、なおかつ学資金を受け取ることができます。

一方で預貯金の場合は誰かがお金を積み立てていくことになります。また急な要りようでの換金性を考えた場合預貯金に軍配があがるでしょう。また、預貯金の場合は元本割れすることはありませんが、学資保険を中途解約した場合、解約返戻金が払込保険料を下回る事が考えられます。

このページの先頭へ