イメージ画像

生命保険相談や見直しで
失敗しないために
お役に立てば幸いです。

一泊二日の入院保障は必要か

医療保険はその種類によっては短期入院が不担保(最初の4日間は保障しない等)となるものや、入院初日から保障されるもの等が存在します。短期間の入院の場合、その費用については、それほど大きな金額にならないことも多く、貯蓄等の取り崩しにて処理出来ることも十分考えられます。しかし、医療保険で短期入院を保障する場合、従来より保険料が割高になること又、入院証明書の発行費用も考慮すると、短期入院の保障は必ず必要なものとはいえません。

※入院給付金額が少額の場合は、入院証明書ではなく領収書の提出で対応するような取扱いを行なう会社もあります。

医療保険を比較する

医療保険(入院保険)とは病気やケガで入院や手術をされたときに、入院給付金や手術給付金を請求することにより入院給付金や手術給付金が受け取れる保険です。医療保険(入院保険)の比較や見直し相談をする時にお役立て下さい。

保障期間

保障期間は終身保障、年満了(10年・20年等)、歳満了(60歳・80歳等)となっています。

1入院の支払い限度

1回の入院に対して最大で何日間保障されるのかは決まっています。例えば60日型、120日型等と表現しますが、60日型の場合は1回の入院に対して最大で60日保障されます。また、疾病の種類によっては1入院の入院保障が拡大されたり入院日数が無制限に保障されるものもあります。

何日目の入院から保障されるのか

例えば病気やケガで30日間入院された場合(例 60日型の場合)

  • 1日めから保障される場合
  • 入院給付日額×30日=給付金となります。
  • 不担保期間がある場合
  • (例 4日間不担保)
  • 入院給付日額×(入院日数の30日-4日)=給付金となります

解約返戻金

解約された時に解約返戻金が発生するものもあります。その解約返戻金をなくすことにより、その分保険料を割安にすることもできます。

死亡保障

医療保険の中には死亡が発生した場合、死亡保険金が支払われるものもありますが、死亡保障をなくすことにより保険料を割安にすることもできます。

特約

特約を付加する事により特定の保障を手厚くすることができるものもあります。
(例)女性特約、通院特約、成人医療特約、保険料払込免除特約等

主契約or特約

医療保険は主契約で契約する事も、主契約に特約として付加することも可能です。例えば特約で付加されている医療保険のみを見直したいのであれば、その特約のみを見直せばいいことになります。
また、主契約を解約して特約のみを残す事は出来ません。例えば将来、貯蓄性のある主契約を老後資金にする為に解約するという場合、医療保険は主契約で契約しておく必要があります。

家族型

夫の保険に特約として妻、子の医療保険を付加できるものもあります。しかし、夫が死亡して主契約が消滅したときに、特約で付加している医療保険は消滅するのか継続できるのか確認しておく必要があります。

面倒でも生命保険相談は複数のところで行いましょう。

このページの先頭へ