イメージ画像

生命保険相談や見直しで
失敗しないために
お役に立てば幸いです。

解約や転換は慎重に

現在何らかの保険へ加入しておりそれを見直す場合、現状の契約は全て解約ということではありません。全て解約して新規加入したほうがよい場合もありますが、部分的に解約や転換等を行ったほうがメリットが大きい場合もあります。そのメリットやデメリットについてよく相談し、よく考え慎重に行いましょう。

解約や転換前の注意点

過去に契約した保険より最近の保険のほうが全て優れているとは限りません。生命保険見直し、特に解約や転換をする時は契約者にとってのメリットやデメリットについてよく相談し、よく説明を受け、理解した上で判断する必要があります。

  • 現在の契約は部分的に見直した方がメリットがないか?
  • 現在の契約を減額した方がメリットがないか?
  • 現在の契約を部分的に解約や減額し不足分を新規加入した方がメリットがないか?
  • 現在の契約を別の形(払済保険や延長定期保険)へ見直した方がメリットがないか?等色んなことについて確認しなければいけません。

払済保険

それ以降の保険料の払い込みを中止して、その時の解約返戻金をもとに、元の契約の保険期間を変更しないで、保険会社指定の保険に切り換えたものを払済保険といいます。この場合、保険金額は元の契約より小さくなります。特約が付加されていた場合、払済保険へ変更後、その特約は消滅します。

(例)一時払いの養老保険に切り換えた場合

払済保険

延長定期保険

それ以降の保険料の払い込みを中止して、その時の解約返戻金をもとに、元の契約の保険金額を変更しないで、一時払いの定期保険に切り換えたものを延長定期保険といいます。特約が付加されていた場合、延長定期保険へ変更後、その特約は消滅します。また、保険期間が元の契約より短くなる場合、その期間満了をもって契約は消滅します。

(例)元の契約が養老保険の場合で保険期間が元の契約より短くなる場合

延長定期保険

このページの先頭へ