イメージ画像

生命保険相談や見直しで
失敗しないために
お役に立てば幸いです。

妊娠中の保険について

妊娠初期の方、その兆候があった方、初期症状である方、初めて母子手帳を受け取った方、そんな喜びや期待でいっぱいの皆様、本当におめでとうございます。お子様の誕生が本当に待ち遠しいことだと思います。また、喜びや期待が大きい反面、妊娠や出産に関する不安や悩みをお持ちの方も少なくないと思われます。

妊娠中の医療保険加入について

妊娠中には妊娠中毒症や切迫流産、女性特有の病気等、色んなことが原因で入院する可能性があります。又、帝王切開による分娩をされる方もいらしゃいます。妊娠中の方が保険を検討される場合、このような事を心配され「今回の出産に備えて医療保険を検討している」ということだと思います。又、申し込んでみたけど部位不担保(異状分娩等は保障されない)等の条件が付加されるため加入をあきらめた妊婦さんもいらっしゃると思います。

Q:妊娠していると医療保険に入れない?

A:そんなことはありません!

妊娠中に医療保険へ加入する場合、条件が付加される保険会社は多くあります。しかしその中には妊娠中でも条件(異状分娩等は不担保となる等)が付加されずに加入できるものがあります。条件が付加されないということは現在の妊娠に関しても保障の対象になるということになります。もちろん妊婦さんについて健康状態の告知は必要になりますので、一般的な医療保険同様、健康状態次第では何らかの条件が発生したり、加入できない場合もあります。

Q:申し込みをして条件が付加される場合は?

A:そこで判断してください!

申し込み後審査の結果、何らかの条件が付加される場合でも、それを鵜呑みにする必要はありません。その条件が気に入らなければその時点でキャンセルすればいいのです。契約は不成立にする事ができます。

妊娠中に条件なしで加入された福岡県在住の方は!

私は妊娠8週の時に医療保険へ加入できたことをとても喜んでいます。やはり妊娠中の入院や帝王切開等がとても心配だったのです。当然自分でもインターネット等で調べましたが、私の調べた限りでは妊娠中だと妊娠に関する入院や帝王切開は保障されないものでした。そんな中たまたま見つけたのがこのサイトでした。とりあえず聞いてみるか!という思いで聞いてみて本当に良かったと思っています。

妊娠中の医療保険加入について

妊娠していることが分かりうれしい反面、医療保険へ加入していない為不安になっている方は多くいらっしゃると思います。しかし高額療養費制度等もありますので、その必要性についてよく考えることが大切だと思います。

このページの先頭へ