イメージ画像

生命保険相談や見直しで
失敗しないために
お役に立てば幸いです。

保険相談の前に理解したい保険料の払い方

同じ保障内容でも払い方が違えば月額保険料が違ってきますし、払い込むトータル保険料も大きく違ってきます。生命保険の見直し等では必ず相談した方がよいでしょう。下記に主なものを例(月払い)として取り上げています。

更新型(例 10年更新型)

保障期間:30歳~80歳と仮定
10年毎に更新する際、その時の年齢で保険料が計算されるため保険料は10年毎にUPしていきます。この例の場合40歳、50歳、60歳 70歳の更新時に保険料がUPし、80歳まで保険料を払い込みます。
※更新する年数は他にも色々存在します。

全期払い

保障期間:30歳~80歳と仮定
30歳から80歳まで一定の保険料を払います。更新型のように保険料がUPすることはありません。

短期払い

保障期間:30歳~80歳と仮定
払込期間:60歳と仮定
30歳から60歳まで一定の保険料を払い、更新型のような保険料のUPはありません。この例の場合60歳で払い込みが終了し保障期間は80歳までとなります。
※保険料払込期間は60歳以外にも色々存在します。

※保障期間が終身の場合は終身保障となります。

終身払い

保障期間:30歳~終身と仮定
30歳~終身が保険料払込となります。更新型のような保険料のUPはありません。

保険料払込総額はこんなに違う

例えば終身保障の場合、保険料の払込期間は短期払いにするのか終身払いにするのか選択しなければいけません。短期払いとは一定期間で保険料の払込が終了しますが終身払いの場合生存している間は保険料を払い続ける事になります。毎月の保険料を安くしたい場合は払込期間を長くすればよいのですが、保険料払込総額に違いが出てきます。
厚生労働省平成22年簡易生命表によると男性の平均寿命は79.64年)

オリックス生命の医療保険CUREでその違いを検証してみました。
(例)30歳男性 入院給付金日額:1万円(月払い)

今回の場合で保険料月額を比較すると終身払いが一番安くなりますが、平均寿命まで生存した場合の保険料払込総額は終身払いが一番高くなることが分かります。

年齢40歳50歳60歳65歳70歳71歳72歳
60歳払い(4,688円/月)562,5601,125,1201,687,6801,687,6801,687,6801,687,6801,687,680
65歳払い(4,191円/月)502,9201,005,8401,508,7601,760,2201,760,2201,760,2201,760,220
終身払い(3,420円/月)410,400820,8001,231,2001,436,4001,641,6001,682,6401,723,680
年齢73歳74歳75歳76歳77歳78歳79歳80歳
60歳払い1,687,6801,687,6801,687,6801,687,6801,687,6801,687,6801,687,6801,687,680
65歳払い1,760,2201,760,2201,760,2201,760,2201,760,2201,760,2201,760,2201,760,220
終身払い1,764,7201,805,7601,846,8001,887,8401,928,8801,969,9202,010,9602,052,000

このページの先頭へ