イメージ画像

生命保険相談や見直しで
失敗しないために
お役に立てば幸いです。

理想的な相談の流れ

STEP1

保険見直しを行う場合はできる限り自分で勉強し、情報を収集する。

下向き矢印

STEP2

ファイナンシャルプランナー等の資格の有無には左右されず複数のところで相談する。

下向き矢印

STEP3

お客様ご自身にて判断。


ファイナンシャルプランナーとは

金融、税制、不動産、住宅ローン、生命保険、年金制度等の幅広い知識を備え、あなたの夢や目標がかなうように一緒に考え、サポートするパートナーが、ファイナンシャル・プランナー(FP)です。日本FP協会が認定試験を行っています。

セカンドオピニオン

例えば、医療関係でのセカンドオピニオンとは、現在の主治医の診断、治療、説明に納得できなかった場合に、他の医療関係者(医師)の意見、『第二の意見』を聞き参考にするということです。さらに他の意見をという場合は、サードオピニオン(第三の意見)となります。

なぜセカンドオピニオンなのか

生命保険についてファイナンシャルプランナーに聞いてみたり、複数の保険会社を取り扱う代理店に相談したり等、様々だと思います。しかし、ファイナンシャルプランナーだからすばらしい保険を提案してくれるとは限りませんし、複数の保険会社を取り扱っているから絶対すばらしい保険になるとも言い切れないでしょう。何故なら最終的に提案書を作成するのは「人」であり、その「人」の情報量はそれぞれに違っているのです。当然ですがすばらしい保険提案を行えるFPも多く存在すると思います。

面倒くさい、話を聞いても良くわからない、どこも同じ等の理由で、保険の相談に喜んで行く人は多くはないでしょう。しかし相談会等、せめて2ヶ所くらいには足を運びたいものです。

このページの先頭へ