イメージ画像

生命保険相談や見直しで
失敗しないために
お役に立てば幸いです。

若い世代の保険料を半分に?

「人生に、大切なことを、わかりやすく」
ライフネット生命は、「若い世代の保険料を半分にして、安心して子どもを産み育てることができる社会をつくりたい」という思いのもと、設立されました。正直に、わかりやすく、安くて便利な保険商品とサービスの提供を実現していきます。


ライフネット生命ホームページより引用

ライフネット生命に聞いてみた

上記引用文にもありますが、「若い世代の保険料を半分にして」とはどういうことでしょうか。何に対して半分なのか分からないのでライフネット生命のホームページのお問い合わせへ質問してみました。

ライフネット生命よりの回答

当社は、販売窓口をインターネットのみとさせていただいており、営業員もいないため、対面式の販売方法の場合に必要となる人件費や店舗費コストを大きく削減する事により、低廉な保険料とサービスの提供の実現を目指しております。

「若い世代の保険料を半分にして」につきましては、具体的な対象ではなく、上記にご案内した、当社の考えについてニュアンスとして表現させていただいているものでございます。

保険料を比較してみた

「若い世代の保険料を半分にして」ということもあって現状のライフネット生命の保険料が他社と比べて安いのか比較してみました。(平成25年11月15日現在)

  • 死亡保障:1000万円
  • 保障期間:10年
  • 保険料払込期間:10年(月払い)

※メットライフアリコの商品は非喫煙優良体の割引適用を受けた保険料

男性ライフネット生命アクサダイレクト楽天生命メットライフアリコ
20歳1,092円1,310円1,070円1,220円
30歳1,328円1,530円1,280円1,140円
40歳2,580円2,690円2,400円1,800円
50歳5,898円5,620円5,290円3,860円
女性ライフネット生命アクサダイレクト楽天生命メットライフアリコ
20歳618円880円660円860円
30歳948円1,190円950円1,060円
40歳1,676円1,870円1,590円1,560円
50歳3,178円3,210円2,880円2,630円

ライフネット生命の保険料が安いとは言えない

今回、ランダムに保険会社を選び、保険会社毎に一定の年齢で保険料のみを比較してみました。今回比較した保険商品に限ってはライフネット生命の保険料が特段安いとは言えませんし、すべての年齢で保険料が安いという保険会社もありませんでした。また、保険会社によっては保険会社の基準による健康体割引を行っている保険商品もあります。現在テレビ等でCMを行っている保険会社もありますが、そのCMでの先入観を捨て複数の保険会社を比較検討してみたほうがいいという予想通りの結果でした。

このページの先頭へ